そもそも、京都の風俗やホテヘルの仕事に向いている女性、向いていない女性というのはどんな女性なのでしょうか?

 京都の風俗に向いている女性とは、性的なことに対して抵抗がなく、なおかつ男性に対して甘えられる、もしくは女性っぽい態度が取れる女性のことです。性的なことに対しては「生理的に無理」という女性や「嫌悪感がある」という女性もいますので、さすがにこの部分はクリアしていないと、風俗には向きません。

 そして、たとえ性的なことに対して抵抗がなかったとしても、男性から何かされるということに対してプライドが許さない人は、やはりそれが大きなストレスになってしまいますから、京都の風俗の仕事は向かないです。

 ですから、京都の風俗に向いている女性とは、女性の武器を自分で自覚しながら使える人のことです。そこに恥ずかしさやプライドがあると、残念ながら風俗で仕事をすることが苦痛でしかないと思います。

 ただ、やはり何でもやってみないことにはわかりませんので、自分では向いていないと思ってもやってみたら案外楽しかったというケースもあります。風俗求人には体験入店があったりしますので、食わず嫌いであきらめるくらいなら1度働いてみるのも選択肢としてアリだと私は思います。